本文へ移動


トップ > 行政情報 > Pick UP > 2018年 > 2月27日 ICTを活用して田平北小と長崎県美術館をつないで遠隔授業


2月27日 ICTを活用して田平北小と長崎県美術館をつないで遠隔授業

遠隔授業風景

ICTの通信システムを利用して、田平北小学校と長崎県美術館をつないで、遠隔授業が行われました。
ふだんあまり行く機会がない長崎県美術館にある所蔵作品を、通信システムを使ってライブ配信して授業を行い、生徒に本物の絵画を見て感じたことを対話形式で学ぶことを目的に実施されました。
この日は、まず教室で美術作品を見てどのように感じたのかを発表してもらった後に、長崎県美術館とつないで、実際に展示してある作品を鑑賞して、生徒がどのように感じたのかを周りの子と話し合い、発表していました。その後、美術館スタッフが、作者の作品への思いや歴史的エピソードなどを解説していました。
生徒たちは「みんなで話しながら絵を見ることで、自分の意見だけでなくいろんな意見が聞けて面白かった」「自分も絵を描くのが好きなので、今回の作者の思いとかがわかって、家に帰ってまた絵を描きたくなった」「長崎県美術館に行きたくなった」などたくさんの感想を述べていました。

授業風景

この絵を見て何を感じますか?

授業風景

長崎県美術館とのやりとり

子どもたちの質問・感想を発表

子どもたちも活発な意見を発表していました

お問い合わせ先

総務部 人事課 秘書広報班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-2419

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る