本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 予防接種 > 風しんの第5期予防接種


風しんの第5期予防接種

健康・福祉

風疹の第5期予防接種を受けましょう

風しんウイルスに感染すると、2、3週間の潜伏期間の後、発しん、発熱、首のうしろのリンパ腫が腫れるなどの症状が現れます。また妊娠中の女性が風しんに感染すると、胎児にも感染し、先天性風しん症候群(難聴、先天性心疾患、白内障および網膜症など)になる可能性があります。このため、公的な接種を受ける機会がなかった、昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性を対象とした、風疹の抗体検査および予防接種を、令和4年3月31日までの3年間実施しています。

令和元年度は、6月に昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性にクーポン券を送付しています。対象のみなさんはこのクーポン券を利用して抗体検査を受けていただき、検査の結果、十分な抗体がない人は、定期予防接種の対象となります。

(注)昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性は、令和2年度にクーポン券を送付予定です。クーポン券があれば、無料で抗体検査および予防接種を受けることができます。昭和37年4月2日から昭和47年4月1日生まれの男性でクーポン券が届く前に接種を希望される人は、健康ほけん課までご連絡ください。クーポン券を送付します。

対象者 

昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性

実施期間 

令和元年6月から令和4年3月31日まで

接種場所 

全国の医療機関および健診機関

抗体検査・予防接種の流れ

  • クーポン券が届く ➡ 抗体検査を医療機関などで受診 ➡ 抗体がある ➡ 定期予防接種の対象外
  • クーポン券が届く ➡ 抗体検査を医療機関などで受診 ➡ 抗体がない ➡ 定期予防接種の対象

 

風しんとめるぞ2の画像風しんとめるぞ1の画像

厚生労働省ホームページ

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 健康づくり班

電話:0950-22-9125

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る