本文へ移動


トップ > 重要なお知らせ > 2018年 > 「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」イコモス記載勧告について


「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」イコモス記載勧告について

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」イコモス記載勧告について

平成30年5月4日(金曜)、今年の世界文化遺産登録を目指している、平戸市の2資産を含む「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」について、ユネスコ世界遺産委員会の諮問機関であるイコモスから、世界遺産一覧に「記載」が適当との勧告がなされました。
今年6月24日(日曜)から7月4日(水曜)にかけて中東バーレーン王国で開催される世界遺産委員会で登録の可否が審議されます。

市長コメント

イコモスから記載勧告が出たことは大変喜ばしく、平戸の構成資産である「平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)、(中江ノ島)」の世界遺産登録に大きく前進したと思います。まずは、これまで市と一緒に取り組みを進めてこられた関係者の方々や応援していただいた市民の皆様に感謝を申し上げます。
その上で、キリスト教が禁じられる中、ひそかに信仰を続けた潜伏キリシタンの伝統の証しとなる遺産を大切に守っていく責任をあらためて感じています。
今後は、6月末の世界遺産委員会で、この勧告のとおり世界遺産に登録されるよう、引き続き、文化庁や関係市町と連携しながら取り組んで参りたいと思います。

平成30年5月4日 黒田 成彦

お問い合わせ先

文化観光商工部 文化交流課 文化遺産班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る