本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 相談窓口 > 各種相談窓口一覧 > 平戸市消費生活相談窓口


平戸市消費生活相談窓口

くらし・手続き

消費者相談

平戸市では市民(消費者)からの消費生活に関する相談業務を行っています。消費生活におけるトラブルなどでお悩みの人は、お気軽にご相談ください。相談は無料です。また、秘密は固く守られます。

消費生活相談とは

消費者と事業者間のトラブルについて相談を受け、事業者との自主交渉の方法や具体的な解決策などについて助言します。

  • 商品の購入や契約に関する相談
  • 借金に関する相談
  • 商品購入後の「クーリング・オフ」に関する相談
  • 架空請求、詐欺被害に関する相談
  • その他消費生活相談全般

※契約書やハガキなどの関係書類、トラブルに至った経緯・状況などのメモなどがあればご準備のうえご相談ください。

平戸市消費生活センターに多く寄せられる相談

平戸市消費生活センターに寄せられる相談のうち、最近多い事例を紹介します。

悪質な事業者によるトラブルもありますが、消費者自身が注意しておくことで防ぐことができる場合もあります。

訪問販売・電話勧誘販売

事業者が、消費者の自宅に訪問あるいは電話し、「電話料金やインターネット料金が安くなりますよ」などと言って勧誘し契約させます。消費者は現在利用している事業者の料金が安くなるものと思い了承しますが、実際は別の事業者との契約になっている場合があり、更に料金も高くなることがあります。

契約を検討する際は、勧誘してきた事業者だけではなく複数の事業者から見積もりを取り、家族と話し合うなど、じっくりと考えるようにしましょう。

通信販売・インターネット販売

テレビの通信販売やインターネットで販売されているダイエット食品や健康食品は、「初回500円」など消費者の購買意欲を高める広告を大きく表示することで消費者はついつい購入していまいがちです。1回だけの購入のつもりが、実は定期購入になっている場合があり、2回目以降は定価での販売になるケースや、途中解約すると違約金が発生するケースがあります。

通信販売やインターネット販売で購入した商品は、「クーリング・オフ(無条件解約)」の対象とはなりません。商品を購入する際は、商品ページをよく読み、定期購入になっていないか、契約解除の条件などを確認するようにしましょう。

架空請求

架空請求とは、契約した覚えのない商品やサービスについてお金を請求し、金品をだまし取る手口です。請求手段はハガキやメールなど様々で、支払い方法も口座振込だけでなく、プリペイドカードやコンビニのレジでお金を支払わせる方法など多様化しています。支払わなければ訴訟になるなど消費者の不安をあおり、消費者が慌ててお金を振り込んだり、ハガキやメールに記載されている連絡先に電話してしまい個人情報が盗まれる場合もあります。

身に覚えのないメールやハガキが届いた場合は、絶対に連絡せずに無視しましょう。また、何度も同じような請求が届く場合や不安に思う場合は、早めに消費生活センターへご相談ください。

平戸市消費生活センターの取り組み

平戸市消費生活センターでは、消費者からの日常的な相談業務以外にも下記のような取り組みを行っています。

巡回相談

2か月に1回、各地区(北部・中部・南部・田平・生月・大島)を巡回し、相談窓口を開設しています。田平地区と生月地区(生月支所)での巡回相談時には弁護士も同席しています。巡回相談の詳しい日程は、毎月1日発行の「広報ひらど」に掲載していますのでご確認ください。

出前講座

主に地区の老人会などからの要望を受け、地区の公民館などにおいて消費者トラブルの普及・啓発活動として出前講座を実施しています。出前講座では、最近多い消費者トラブルや詐欺の手口などの紹介や、「クーリング・オフ」など消費者として知っておきたい制度などを紹介しています。出前講座を希望される方はお気軽にお問い合わせください。

授業支援

民法改正により2022年に成人年齢が18歳に引き下げられることに伴い、若年層を対象とした消費者教育の推進が求められています。すでに中学校の家庭科の授業などでは一部取り扱われていますが、市内の一部中学校において消費生活相談員が出向き、若者を狙った手口やクレジットカードの利用などについて解説を行っています。

自動通話録音装置の貸し出し

平戸市消費生活センターに寄せられる相談の大半が高齢者からです。昼間など一人で過ごすことが多い高齢者は消費者被害に遭いやすい傾向にあります。

そこで、平戸市では65歳以上の高齢者の世帯を対象に「自動通話録音装置」の貸し出しを行っています。「自動通話録音装置」は、かかってきた電話を自動的に録音する機能があり、自宅の固定電話に取り付けることで悪質業者からの勧誘や詐欺の防止に役立ちます。貸し出しを希望される場合は、平戸市消費生活センターにお問い合わせください。

お問い合わせ先

  • 平戸市消費生活センター(平戸市役所市民課生活環境班内) 電話:0950-22-9122(直通) 受付時間:月~金曜日(祝祭日除く)午前9時~午後4時
  • 消費者ホットライン 電話:188(局番なし) 受付時間:午前10時~午後4時(12月29日~1月3日を除く)

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-9121

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る