本文へ移動


トップ > くらし・手続き > ごみ・環境 > 野良猫に関する苦情・問題


野良猫に関する苦情・問題

くらし・手続き

平戸市では、野良猫に関して次のような苦情・相談が多く寄せられています。

  • 野良猫が増えて困っている
  • 敷地内での糞尿やいたずらなど被害に困っている
  • 野良猫が子猫を産んだ
  • 野良猫に餌を与える人がいる
  • 鳴き声がうるさい

野良猫が増える主な要因は、避妊去勢手術を施していない飼い猫の放し飼い野良猫への餌のばらまきです。これらは、飼い猫および野良猫に対する人間の無責任な行為によるものです。

飼い猫については、飼い主の責任で身元の表示、室内飼育、避妊去勢手術を行うようにしましょう。

野良猫に餌を与えている人へ

「かわいそうだから」という理由で餌を与えていませんか?そのような理由での餌やりは、その場所で野良猫が繁殖を繰り返し、かえって不幸な命を増やすことに繋がります。

餌を与える人は、「自分が飼い主になる」くらいの自覚を持ち、次のことを守ってください。

餌は自己の敷地内で与え、置き餌はしない

餌は自己の敷地内で与えるようにし、公共の場所などでの餌やりは止めてください。また、猫が集まる時間が不特定だからと、餌を容器に入れたまま長時間放っておかないようにしましょう。置き餌は、近隣地域から移動してきた猫まで居つかせるほか、ゴキブリやハエなどの害虫発生の原因にもなります。毎日餌を与える時間と場所を決め、餌を食べ終わったら速やかに片付け、掃除をしてください。

排泄物を片付ける

ご近所の敷地や公共の場所で排泄しないよう、世話をする人の敷地内に猫用トイレを設置し、排泄場所は常に清潔に保ち衛生管理に努めましょう。猫の行動範囲を観察し、自己の敷地外で排泄した場合には、ご近所の迷惑にならないよう片付けを行ってください。

避妊去勢手術を行う

猫の繁殖力はとても強く、複数の猫が集まると次々と子猫が生まれます。野良猫がかわいそうで餌を与えているのであれば、これ以上かわいそうな野良猫を増やさないようにするのが餌を与えている人の責務です。避妊去勢施術を行うことでこうした不幸な猫が増えることを防ぎ、発情期の鳴き声や尿スプレーなど問題行動を抑えることができます。

周辺住民の理解を得る

野良猫の世話には、周辺住民の理解が不可欠です。ご近所には猫が苦手な人やアレルギーの人、猫の被害に困っている人もいます。世話する人と猫が苦手な人とでは意見が対立しがちですので、中立的な立場の人に立ち会ってもらうなど工夫してください。また、地域の環境美化にも率先して取り組みましょう。

野良猫で困っている人へ

  • 野良猫による被害を減らしたい
  • 野良猫を他の場所に連れて行って欲しい
  • 市や保健所で捕獲・処分してもらえないか

このような要望が多く寄せられますが、猫は「動物の愛護及び管理に関する法律」により愛護動物として定められているため、むやみに捕獲することや、処分することはできません。

そのため、ご自身で忌避剤の散布やネットを張るなど対策を講じる必要があります。県北保健所では超音波装置の無料貸し出しを行っていますので、設置を検討される際はご相談ください。

すでに野良猫の数が増加し、被害に困っている場合は、地域による話し合いなども必要になります。全国的には、地域住民の人たちで野良猫の避妊去勢手術を行い、餌やりや清掃など地域で定めたルールに従い適正に管理する「地域猫活動」により解決を図っていく事例があります。詳しい内容は、市民課または県北保健所へお尋ねください。

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る