本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 届け出が必要なとき


届け出が必要なとき

くらし・手続き

届出が必要なとき

国民年金への届出が必要な場合
種類 内容 手続きに必要なもの
20歳になったとき 国民年金の加入手続きを行ってください。
(注)第2号被保険者に扶養されている人は、配偶者の勤務先で手続きをします。
(注)20歳以前から厚生年金に加入している人は手続き不要です。
国民年金被保険者資格取得届出書、印かん
退職して厚生年金を喪失したとき 20歳以上60歳未満の人は、国民年金の加入手続きを行ってください。(扶養している配偶者がいる場合は、合わせて手続きが必要です。) 離職票など退職した日付が確認できる書類、年金手帳、印かん
配偶者の扶養から外れたとき 20歳以上60歳未満の人は、国民年金の加入手続きを行ってください。 扶養から外れたことが確認できる書類、年金手帳、印かん

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る