本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の給付


国民年金の給付

くらし・手続き

国民年金の給付について

老齢基礎年金

保険料を25年(300月)以上納めた人などに、65歳から支給される年金です。40年(480月)納めると、満額の年金を受給することができます。60歳になったときに25年に満たない場合は、最長70歳まで国民年金に任意加入することが可能です。また、受け取る額を満額に近づけたいときは、60歳から65歳までの5年間、任意加入することができます。

希望により60歳から繰り上げて受給することが可能ですが、次のことにご注意ください。

  • 65歳までは他の年金と合わせて受給することができません。
  • 繰り上げることにより年金が減額されます。また、減額された額が一生涯続きます。
  • 65歳に到達するまでに、病気や事故で障がいが残った場合、障害年金を請求することができません。

平成28年度の年金額

年間 780,100円(満額の場合)

障害基礎年金

国民年金加入中などに、病気やケガで障がい等級に該当する程度の障害を負ったときや、20歳前に同程度の障がいの状態になったときに支給される年金です。障がいの程度と納付の状況に要件があります。

障がいの状態についての要件

障がい認定日(20歳前に障がい認定日があるときは、20歳になったとき)、または障がい認定日以降65歳になるまでに、政令で定める障がい等級の1級または2級の障がいの状態になっていること。(身体障害者手帳の等級とは異なります)
障がい認定日とは、障がい等級を判定する基準日であり、初診日から1年6カ月を経過した日、またはその期間内に症状が固定した日をいいます。

保険料の納付状況についての要件

初診日のある月の前々月までの被保険者期間のうち、保険料を納めた期間(免除期間・学生納付特例期間を含む)が3分の2以上あること。または、初診日が平成28年3月31日までにあるとき、初診日のある月の前々月までの1年間に保険料の滞納がなければ3分の2以上の要件を満たしていなくてもよいとなっています。20歳前に初診日がある場合保険料の納付要件はありませんが、本人の所得によって年金の支給額が制限されます。

平成28年度の年金額

  • 1級 年間 975,100円
  • 2級 年間 780,100円

なお、その人に生計を維持されている18歳未満の子、または20歳未満で障がいの状態にある子(年齢の到達年度の末日まで)があるときは加算がつきます。

特別障害給付金

国民年金の任意加入対象者であった期間に加入せず、その期間に傷病が発生し、現在、重度の障がいがある人に支給されます。平成3年3月以前の学生や、昭和61年3月以前の厚生年金・共済年金などの加入者の配偶者であって、国民年金に任意加入していなかった期間内に初診日があり、現在、障害基礎年金1級、2級相当の障がいに該当する人が対象となります。

お問い合わせ先

市民生活部 健康ほけん課 国保年金班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る