本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 消防について > 各種制度 > 違反対象物の公表制度


違反対象物の公表制度

くらし・手続き

違反対象物の公表制度について

消防法令に関する重大な違反のある防火対象物について、その法令違反の内容を利用者へ公表することにより、利用者の防火安全に対する認識を高めて火災被害の軽減を図るとともに、防火対象物の関係者による防火管理業務の適正化および消防用設備などの適正な設置促進を図ることを目的とした制度です。平成27年4月1日から政令指定都市などで運用を開始されており、平戸市においては令和2年4月1日から運用開始します。

概要

消防署の立入検査で確認した重大な消防法令違反をホームページで公表する制度です。

対象となる建物

飲食店・百貨店など、不特定多数の人が利用する建物や、病院・社会福祉施設などの一人で避難することが難しい人が利用する建物です。

対象となる違反

上記建物のうち、消防法により設置が義務付けられている「屋内消火栓設備・スプリンクラー設備・自動火災報知設備」が設置されていない重大な消防法令違反が対象

屋内消火栓設備

屋内消火栓設備

スプリンクラー設備

スプリンクラー設備

自動火災報知設備

自動火災報知設備

公表する内容

  • 建物の名称
  • 建物の所在地
  • 違反の内容

次のような場合は重大な消防違反となる場合がありますので、事前に最寄りの消防署・出張所へ相談してください。

  • 増築や改築、隣接建物との接続を行う場合
  • 既存建物に飲食店、物品販売店舗、ホテル、旅館、社会福祉施設などの用途が新たに入居する場合
  • 窓の前に荷物や棚を置いたり、合板等などで塞いだりする場合

お問い合わせ先

消防本部 予防課

電話:0950-22-3167

FAX:0950-22-5179

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る