本文へ移動


トップ > 新着情報 > 2019年 > 平戸城懐柔櫓宿泊施設化改修・運営事業優先交渉権者が決定


平戸城懐柔櫓宿泊施設化改修・運営事業優先交渉権者が決定

産業・ビジネス
平戸城懐柔櫓宿泊施設化改修・運営事業優先交渉権者

 平戸城の櫓の一つである「懐柔櫓」(かいじゅうやぐら)の宿泊施設化を目指し、平戸城全体の入館対策および外国人誘客につなげるため、日本100名城初の城の宿泊施設整備の実現に向けた施設整備を行うことについて、専門的知識と豊富な経験を有する民間活力を活かした民間事業者を募り、審査会において厳正に審査した結果、下記のとおり優先交渉権者を決定しましたのでお知らせします。

優先交渉権者(最優秀提案)

グループ名称:平戸城「城泊」JV

グループ代表

kessha(ケッシャ)株式会社(百戦練磨グループ) 
代表取締役 上山康博

グループ構成員

  • 株式会社アトリエ・天工人(テクト)
    代表取締役 山下保博
  • 日本航空株式会社
    代表取締役社長 赤坂祐二

お問い合わせ先

文化観光商工部 観光課

電話:0950-22-4111

FAX:0950-23-3399

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る