本文へ移動


トップ > 新着情報 > 2019年 > 「ケアニン~あなたでよかった~」映画上映会【田平圏域】


「ケアニン~あなたでよかった~」映画上映会【田平圏域】

文化・スポーツ

介護の未来を考える!映画「ケアニン~あなたでよかった~」上映会を開催します。

 介護サービス事業所における人材確保・育成を図ることを目的とした平戸市介護職人材確保支援事業の一環として、上映会を行います。また、映画上映前に「認知症サポーター養成講座」を開催します。

 ・映画鑑賞及および受講料は無料です。

 ・映画のみの鑑賞もOKです。

 ・認知症サポーター養成講座受講希望の人は、申し込みが必要です。先着40人<詳細は下記のチラシをご覧ください>

とき

9月14日(土曜)

映画上映は、午後2時30分から(上映時間105分)

※認知症サポーター養成講座は同日午後1時から2時20分まで

ところ

たびら活性化施設 ホール ※認知症サポーター養成講座は研修室

あらすじ

 大森圭(男性:21)は、新人の介護福祉士。高校卒業後、これといってやりたいことがなかった圭は、漠然とした理由で介護の専門学校へ入学。卒業後、圭が働くことになったのは、郊外にある小規模介護施設。認知症の高齢者たちと上手くコミュニケーションが取れず、悩む日々が続く中、圭がはじめてメインで担当をすることになったのは、認知症の星川敬子79歳。「なんとなく」で始めた介護の仕事に、いつしか本気で向き合うようになっていく圭だが…。

主催

平戸市

共催

佐世保・県北圏域介護人材育成確保対策地域連絡協議会

お問い合わせ

平戸市福祉部長寿介護課 介護保険班 TEL0950-22-4111(内線2581)

感想コメント

8月21日(生月圏域)、8月24日(中部圏域)に開催した上映会でのアンケートより映画の感想(抜粋)

◇とても感動しました。介護へのイメージよくなりました。

◇何回観てもとても感動する作品で、また観たいと思いました。自分も誰にでも親切にしたいと思った。

◇入居者様、利用者様、一人ひとりにまた寄り添って仕事を楽しみたいです。

◇とてもよい映画でした。「ケアニン」という言葉をこれから使います。

◇介護士さんの大変さを知り、預ける家族のあり方を考えさせられました。

◇施設の職員さんにも観てほしい。毎日疲れています。原点に返って考えてほしい映画でした。

◇このような素直な職員を増やすこと。長く勤務している職員への支援が大切だと思います。長く勤務している職員を支える施策も大切。

など多数の感想が寄せられました。

ちらし2

 

ちらし1

お問い合わせ先

福祉部 長寿介護課 介護保険班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-4421

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る