本文へ移動


トップ > 新着情報 > 2020年 > 令和3年度 市民税・県民税の申告について


令和3年度 市民税・県民税の申告について

くらし・手続き

令和3年度 市民税・県民税の申告について

1月1日(賦課期日)現在で市内に住所があり,前年中(前年1月1日から12月31日)に所得のある人は、3月15日までに前年の収入・所得等を記載した市民税・県民税申告書を提出することになっています。所得が給与所得のみで勤め先から市役所へ給与支払報告書の提出がされている人や、一定額以下の公的年金のみの所得の人は、申告の必要はありません。
給与所得または公的年金の所得以外に、地代、家賃、配当などの所得のある人、雑損、医療費控除などを受けようとする人は申告をする必要があります。ただし、所得税の確定申告をした人は、市・県民税の申告をする必要はありません。

申告期間

令和3年2月11日(木曜)~3月15日(月曜)
(注)土・日曜日、祝日は除く。

申告会場・受付時間

別添のとおり(令和3年度市県民税申告受付日程表)

申告の時に必要なもの

  1. 印鑑
  2. 令和2年(1月~12月)分の所得を証明できるもの(給与・年金の源泉徴収票、報酬などの支払調書、その他帳簿類)
  3. 社会保険料控除証明書(国民年金保険料など)、生命保険料・地震保険料(旧長期損害保険料を含む)控除証明書
  4. 身体障害者手帳や療育手帳など障害者であることを証明できるもの
  5. 寄附金などの支払証明書または領収書(ふるさと納税ワンストップ特例制度を申請された人でも、申告をすると特例申請が無効となりますので、必ず受領証明書を持参ください)
  6. 医療費控除またはセルフメディケーション税制の明細書(合計額を計算し、明細書を作成してください)
    (注)国外居住親族の扶養控除等を受ける場合、次の6・7の提出または提示が必要です。(外国記載ものは日本語訳を添付すること)
  7. 親族であることを証明するもの(戸籍全部事項証明書、出生証明書など)
  8. 扶養親族に送金したことを証明するもの(送金依頼書、クレジットカード利用明細書など)
    (注)申告者本人および扶養親族などのマイナンバー(個人番号)の記載が必要です。本人に関する8・9の書類(原本)をお持ちください。
  9. 番号確認類(マイナンバーカード、通知カード、マイナンバー記載の住民票の写し・住民票記載事項証明書)
  10. 身元確認類(1点で確認できるもの マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、障害者手帳、その他の顔写真付き身分証明書 2点で確認できるもの 健康保険証、年金手帳、住民票の写し、納税証明書、源泉徴収票など)

代理申告の場合

次の書類が必要です。

  • 申告者本人の番号確認書類
  • 代理人の身元確認書類
  • 本人が作成した委任状や戸籍全部事項証明書などの代理権の確認書類

郵送による申告方法

申告書に住所、氏名、生年月日、電話番号、マイナンバーを記入し、上記の2~7のうち必要な書類の写しと、8・9の写しを同封の上、送付してください。(申告書への押印を忘れずにしてください。)

未申告の場合、所得証明書が発行できないことや、下記の判定に影響があります。

  • 国民健康保険税および後期高齢者医療保険料の算定
  • 介護保険料の算定
  • 医療費、障害・介護サービス利用料の自己負担割合の判定
  • 児童手当、児童扶養手当
  • 保険料の算定
  • 国民年金の免除申請
  • 公営住宅入居申込、収入報告など

お問い合わせ先

財務部 税務課 住民税班

電話:0950-22-9116

FAX:0950-22-4313

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る