本文へ移動


トップ > 行政情報 > Pick UP > 2019年 > 4月1日 大航海時代の外国人の骨の可能性が高い


4月1日 大航海時代の外国人の骨の可能性が高い

三浦按針の墓地の写真

平成29年度に三浦按針墓地周辺から出土した壺に入った人骨について、DNA分析調査結果を発表しました。
年代については、骨に含まれるコラーゲンを抽出し、その中にある炭素(C14)を利用し測定したところ、1590年から1620年に死亡した可能性が高いことが示されました。
今回はミトコンドリアDNAの抽出し成功し、ハプロタイプ(塩基配列の種類)H1であることが判明。このタイプは、日本人にはみられない西ヨーロッパ・北ヨーロッパ特有のものであり、外国人の可能性が高いとわかりました。なお、人骨の残存状況が悪く、個人の特定に必要とされる核DNAの抽出はできませんでした。
これまでの文献調査によると、平戸で死亡した外国人は70人ほどで、発掘調査・形質学的見地・科学的調査により、現時点であてはまる可能性がある外国人は10人で、三浦按針(ウイリアム・アダムス)もその中に含まれています。
子孫については、関係者などを通じて大英図書館などに問い合わせしていますが、今のところ有力な情報は得られていません。平戸市では、新たな外国人墓地や子孫の発見を目指して、今後も引き続き調査を続けていきます。

お問い合わせ先

総務部 人事課 秘書広報班

電話:0950-22-4111

FAX:0950-22-2419

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る