トップ > 小学校・中学校 > 中部中学校 > 学校紹介  少しリニューアルしました

学校紹介  少しリニューアルしました

校長あいさつ

  <中部中学校について>

 本校は、平戸島の中央部に位置し、校区は5つの地区(旧小学校区)、16の町からなります。

 学校周辺は、自然が豊かで、山の緑、海の青さがとても美しく、各地でイノシシやシカなどの野生動物にも出会えるうえ、根獅子の浜には産卵のためカブトガニが訪れます。また、世界遺産の「春日集落と安満岳」をはじめ、長崎県指定有形文化財の「宝亀教会」「紐差教会」、国指定無形民俗文化財の宝亀・紐差・根獅子の「じゃんがら」など数多くの重要な文化財などがあります。まさに自然と文化が調和した地域です。

 本校の創立は昭和33年で、4つの中学校(紐差中・宝亀中・獅子中・根獅子中)が統合してできました。そのため、校区が広いことが特徴です。昭和40年前後は、800人以上の生徒がいましたが、令和3年度は80人と10分の1になりました。しかし、生徒たちは、とても元気で、一人で十人分の活躍をしてくれています。特に、生徒会活動が活発で、体育大会や文化祭、平和集会や人権集会は生徒が主体となって運営しています。また今年は、3年生がリズムダンスふれあいコンクールにも出場し、初出場ながら予選を突破し、全国大会に進出しました。チャレンジ精神が旺盛なのも本校生徒の長所です。

 保護者はとても協力的で、PTA活動にも意欲的です。コロナ禍で、学校へ来ることが制限されることがありましたが、環境整備や門松づくりなど生徒の役に立つことを進んで行ってくれます。また、令和5年度の県PTA研究大会の発表に向けて、PTA会長を中心に保護者が一丸となって取り組んでいます。

 中部地区は地域の活動も活発で、夏の「中部地区球技大会」、秋の「中部地区健康まつり」と「越南まつり」、冬の「中部地区駅伝・マラソン大会」には、多くの中学生が参加します。地域の皆さんは、いつも温かい目で生徒たちを見守り、生徒の活躍を自分のこととして喜んでくれます。

 学校・家庭・地域が一体となって、健やかに着実に伸びていく中学校を目指します。

 

  

平戸市立中部中学校 校長 甲斐田 彰

 

                         中部中学校校歌

  作 詞 中部中職員一同

  作 曲 内野 省吾 

 

1.(しお)(ざい)きそう松浦の海       黎明(れいめい)やぶる異国船

      歴史は今も輝くところ           ここに生りたる我が母校

    五稜(ごりょう)のしるしかこみて集わん   あゝわれら中部中学校

 

2.(はく)(おう)はばたく紺碧(こんぺき)の空          ()鹿(じか)いななく安満岳

      自然の霊気(れいき)みちみつところ        ここに生りたる我が母校

    郷土の誇りにないて励まん        あゝわれら中部中学校

 

3.青風(せいふう)きよき(せん)()の森           日輪(にちりん)たかし悠久(とわ)の里

  かたき友愛結びしところ     ここに生りたる我が母校

    明るき希望かかげて進まん    あゝわれら中部中学校

 

◇歴代校長の記録:歴代校長名と当時の学校の概要、校長の顔写真を掲載しています。

 歴代校長名と当時の記録files/R3koutyouitirann.pdfPDFファイル(293KB)

  歴代校長写真PDFファイル(693KB)

学級数と生徒数

令和3年4月
学年 学級数 生徒数
1年 1学級 26名
2年 1学級 22名
3年 1学級 32名
3学級 80名
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

中部中学校

電話:0950-22-9247

FAX:0950-28-0026

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?



トップへ戻る