本文へ移動


トップ > くらし・手続き > ごみ・環境 > 浄化槽


浄化槽

浄化槽とは

浄化槽は、微生物などの働きを利用して汚水を浄化し、きれいな水にして放流するための施設で、各家庭や店舗、事業所などが設置する個別汚水処理施設です。

浄化槽には、し尿のみを処理する単独浄化槽と、台所排水や浴室排水、洗濯排水などの生活雑排水とし尿を合わせて処理できる合併浄化槽の2種類があります。

単独浄化槽は、生活雑排水を処理しないまま放流してしまうため、水路や河川、海などの汚染の原因となっていることから、平成13年4月以降、新たに設置できる浄化槽は合併浄化槽のみとなっています。

平戸市浄化槽設置整備事業補助金

平戸市では、し尿と生活雑排水を併せて処理することにより、公共用水域の水質汚濁の防止と公衆衛生の向上を図るため、浄化槽設置に係る補助金を交付しています。

浄化槽補助金額

浄化槽を設置する場合の補助金額は、下記のとおりです。

専用住宅

浄化槽
人槽区分 新築時に設置する場合および合併浄化槽へ転換する場合 改築時に設置する場合
5人槽 332千円 532千円
6~7人槽 414千円 614千円
8~10人槽 548千円 748千円
11~50人槽 939千円 939千円
宅内配管工事
人槽区分 単独浄化槽を合併浄化槽へ転換する場合
5~50人槽 300千円

事業所等

浄化槽
人槽区分 新築または改築時に合併浄化槽を設置する場合
5人槽 332千円
6~7人槽 414千円
8~10人槽 548千円
11~50人槽 939千円

申請時の注意点

  • 浄化槽工事着工前までに申請してください。
  • 申請期間は、毎年4月1日から1月末日までとなります。
  • 工事は年度内に着工、完成する必要があります。
  • 既存の合併浄化槽の入替は令和2年度より補助対象外となります。

提出書類

交付申請時

  • 平戸市浄化槽設置整備事業補助金交付申請書(様式第1号)
  • 審査機関を経由した浄化槽設置届出書類一式の写し
  • 設置場所の位置図
  • 住宅等を借りている者は、賃貸人の承諾書
  • 処理対象人員10人以下の浄化槽の場合、国が認定する浄化槽登録証の写しおよび登録浄化槽管理票(C票)
  • 浄化槽設置工事に係る見積書の写し
  • 市税等の滞納がないことを証する書類
  • 暴力団排除に係る誓約書(様式第2号)
  • その他市長が必要と認める書類

実績報告時

  • 浄化槽設置整備事業実績報告書(様式第6号)
  • 浄化槽保守点検業者および浄化槽清掃業者との業務委託契約書の写し
  • 施工写真
  • 領収書の写し

交付請求時

  • 浄化槽設置整備事業補助金交付請求書(様式第8号)

※申請者と金銭受領者が異なる場合は、委任状が必要となります。

浄化槽設置後の管理

浄化槽は、主に微生物の働きを利用して汚水を浄化する装置であることから、正しく機能させるためには、微生物が活動しやすい環境を保つように維持管理が必要となります。

維持管理を適正に行わなかった場合、放流水の水質悪化や、悪臭の発生など、生活環境の悪化に繋がります。

法定検査

  • 第7条検査 浄化槽設置後、正常に動いているかの検査(設置後1回のみ)
  • 第11条検査 保守点検、清掃が適正に行われているかの検査(年1回)

保守点検

機器類の調整や消毒剤の補充など(年3~6回)

※処理方式や処理人槽によって回数が異なります。

清掃

浄化槽の運転に伴って必然的に発生する汚泥や水に溶けない固形物の引き抜きなど(年1回以上)

お問い合わせ先

市民生活部 市民課 生活環境班

電話:0950-22-9121

FAX:0950-22-4241

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る