本文へ移動


トップ > くらし・手続き > 暮らし・住まい > 田舎暮らし情報 > 地域おこし協力隊の紹介


地域おこし協力隊の紹介

くらし・手続き

齊藤 三花 隊員【平戸中部地区のまちづくり活動支援】令和4年4月1日~

平戸市の海のきれいさ、人のあたたかさに惚れ、東京都から移住してきました。前職は保育園で調理師を勤め、在学中のアルバイトを含めると15年以上「食」に携わってきました。「食」を通じて多くの人が笑顔になり、「食」が多くの人との繋がりのきっかけになるよう努めています。平戸の美味しい魅力をどんどん発信していきます!!

齊藤隊員1

平戸市に来て良かったこと・困ったこと

良かったこと

 ・ 海がきれい

 ・ 食材がどれも美味しい

 ・ 人があたたかい 

困ったこと

 ・ 食材が美味しすぎて太った

 ・ 停電が意外と多い

齊藤隊員2 齊藤隊員3 

 

活動期間にやりたいこと

地域の方も観光で来た方もみんなが楽しく交流できる場を目指して、農業体験や地元食材を使った調理体験などのイベントを企画していきたいです。地元の味×流行フードを取り入れられるような新しいことにも挑戦していきたいです。

齊藤隊員4

平戸ファンへのメッセージ

都心部から離れているからこその、景色や人のあたたかさを感じることができます。とにかく食材がどれも美味しいので、ぜひ来てみてください!! 

 

城岩 康太 隊員【紙漉の里の管理運営支援】令和3年9月1日~

平戸出身のUターンです。ずっと県外で会社員勤めをしていましたが、父の介護のためUターンを志向していました。Uターンしてみて自然の厳しさと暖かさを改めて実感しています。趣味というか生きがいは「中国武術」! 平戸の自然の中で日々いい汗を流しながら修練しています!

城岩隊員1

平戸市に来て良かったこと・困ったこと

良かったこと

 ・実家はポツンと一軒家状態なので、気兼ねなく大音量で音楽が聴ける

 ・雑木林や浜辺から工作やDIYの材料をゲットできる 

 ・生活圏内に高難度の道がふつうにあるので、日常生活の中で運転テクニックを鍛えられる

困ったこと

 ・イベントなどを企画しても会場や場所が乏しい(公共施設は条件厳しくて気軽に使えない)

 ・本屋さんが近くにないので「偶然の本との出会い」がない

活動期間にやりたいこと

『紙漉の里ふれあい施設』を拠点に活動しています。移住してきた方や自分のようなUターン者、旅行で訪れた方、そして地元住民の皆さんなど、さまざまな人に活用しやすい施設にしていくことで、交流の促進に繋げたらなと思っています。

城岩隊員2 城岩隊員3

平戸ファンへのメッセージ

基本的には「なにもない」ところです。でも、たくさんの繋がりをつくることができる場所だと思います。

城岩隊員4

 

小松 洋介 隊員【生月地区和牛ヘルパー組合支援】令和3年4月1日~

脱サラからの新規就農を目指し、日々和牛ヘルパーとして奮闘しています。 持前のフットワークの軽さとバイタリティで、マンパワー不足で困っている農家さん達の力になれればと思います。

小松隊員1

平戸市に来て良かったこと・困ったこと

良かったこと

 ・新規就農者に対する補助の手厚さ

 ・風光明媚な景観

 ・シイラが美味しい

困ったこと

 ・住む場所探し(賃貸できる空き家がない)

 ・生月にはドラッグストアがない

活動期間にやりたいこと

和牛繁殖経営ついて理解を深めながら、自立就農できる準備を進めたいと思います。また、信頼してもらえる人間関係を作りながら、事業継承も視野に入れた関係を構築したいと考えています。

小松隊員2 小松隊員3

平戸ファンへのメッセージ

「道が繋がっている離島」が平戸市であり、生月町です。小さな自治体ながらも「釣りの聖地」「ドライブ(ツーリング)の聖地」と2つも聖地が存在する極めて稀な地域だと思います。ゲームフィッシングで有名な「シイラ」はかなり美味なので、ぜひお試しください。

小松隊員4

お問い合わせ先

財務部 企画財政課 移住・定住政策班

電話:0950-22-9105

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る