本文へ移動


トップ > 健康・福祉 > 高齢者支援 > 介護保険 > 介護保険サービス利用の流れ


介護保険サービス利用の流れ

健康・福祉

介護保険サービスの利用について

介護保険サービスを利用するには、要介護(要支援)認定を受けることが必要です。
要介護(要支援)認定を受けていない人は、要介護認定についてをご覧ください。

介護保険サービス利用の流れ(認定後)

要介護認定者サービス利用の流れ

利用者の自己負担割合と支給限度額

サービスを利用する場合、費用の一定割合を利用者等の所得に応じて負担いただきます。
サービス利用の際には、利用者の自己負担割合(1割、2割または3割)が記載された「介護保険負担割合証」を
「介護保険被保険者証」と一緒にサービス事業所へ提示してください。

利用者の自己負担割合

介護保険サービス利用の際の自己負担割合は、利用者等の所得に応じて1割、2割または3割と決められています。

  • 3割
    本人の合計所得金額が220万円以上、かつ同世帯の65歳以上の人の「年金収入+その他の合計所得金額」の
    合計が単身世帯で340万円、2人以上の世帯で463万円以上
  • 2割
    3割に該当しない人で、本人の合計所得金額が160万円以上かつ同世帯の65歳以上の人の「年金収入+その
    他の合計所得金額」の合計が単身世帯で280万円、2人以上の世帯で346万円以上
  • 1割
    上記以外の人
    (注)40~64歳の第2号被保険者、住民税非課税の人、生活保護受給者は上記に関係なく1割負担

(注)合計所得金額とは、年金収入や給与収入などから公的年金控除や給与所得控除、必要経費を控除した額

自己負担割合判定の流れ図

支給限度額

介護保険サービスは、費用の1~3割の自己負担で利用できますが、さらに、要介護度ごとに一ヶ月に利用できる
金額に上限が設けられており、これを「支給限度額」といいます。おもな在宅サービスなどには支給限度額があり、
それを超えてサービスを利用した場合、超えた分は全額自己負担となります。

以下は、要介護状態区分別の1ヶ月の支給限度額です。

  • 要支援1 50,320円 
  • 要支援2 105,310円
  • 要介護1 167,650円
  • 要介護2 197,050円
  • 要介護3 270,480円
  • 要介護4 309,380円
  • 要介護5 362,170円
アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

福祉部 長寿介護課 介護保険班

電話:0950-22-9134

FAX:0950-22-4421

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)


トップへ戻る