トップ > 行政情報 > 総合計画 > 平戸市未来創造羅針盤(第2次平戸市総合計画 後期基本計画)


平戸市未来創造羅針盤(第2次平戸市総合計画 後期基本計画)

くらし・手続き

hyousi

平戸市未来創造羅針盤で描く平戸市の未来像

平戸市未来創造羅針盤(第2次平戸市総合計画)は、平成30年度から令和9年度までの10年間を計画期間として策定しています。

このうち平成30年度から令和4年度までの5年間を前期基本計画期間とし、令和5年度から令和9年度までの5年間を後期基本計画期間として定めています。

令和4年度で前期基本計画の計画期間が終了することから、中間見直しとして、前期基本計画期間中の取組みを検証し、社会情勢の変化を考慮しながら、新たに令和5年度からの後期基本計画を策定しました。

 

 未来像 『 夢あふれる 未来のまち 平戸 」

平戸市がもつ「歴史」「恵み」「祈り」をさらに輝かせることでシビックプライドにつなげ、すべての市民の様々な想いを叶えることができる「夢のようなまち」となるように、という願いが込められています。

また、他のどこの地域にもない「平戸らしさ」を磨き上げ、すべての市民が明るく元気に活躍する未来を描いていけるように、という願いが込められています。

 

計画の構成

総合計画は、「基本構想」、「基本計画」および「実施計画」で構成されます。

基本構想

平戸市が目指すべき未来像を掲げるとともに、まちづくりの基本的な理念を示し、長期的な視野に立ったビジョンを定めています。計画期間は、平成30年度から令和9年度までの10年間としています。

基本計画

基本構想に掲げた未来像を実現するため、各分野にわたって取り組むべき具体的な施策を明らかにするとともに、成果指標を設定しています。前期基本計画を平成30年度から令和4年度までとし、後期基本計画は令和5年度から令和9年度までの5年間としています。

実施計画

基本計画に掲げた施策を実現するための具体的な事業について、本書とは別に毎年策定しています。

審議会

第2次平戸市総合計画(後期基本計画)の策定にあたり、平戸市総合計画審議会を開催し審議を行いました。                                    

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

財務部 企画財政課 政策企画班

電話:0950-22-9111

0950-22-5178

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る