f 西九州させぼ広域都市圏(連携中枢都市圏構想)|HIRADOじかん情報|行政情報|長崎県 平戸市(ひらどし)ホームページ

トップ > 行政情報 > 総合計画 > 西九州させぼ広域都市圏(連携中枢都市圏構想)


西九州させぼ広域都市圏(連携中枢都市圏構想)

くらし・手続き

hyousinisikyusyuusasebo

連携中枢都市圏形成の目的

地域において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市が近隣の市町と連携し、コンパクト化とネットワーク化により、人口減少・少子高齢社会においても一定の圏域人口を有し、活力ある社会経済を維持するための拠点を形成することを目的としています。

平成31年4月、佐世保市を連携中枢都市として、平戸市、松浦市、西海市、東彼杵町、川棚町、波佐見町、小値賀町、佐々町(令和2年4月加入)、新上五島町、伊万里市、有田町の12の自治体が県堺を越えて「西九州させぼ広域都市圏」を形成しています。

 

連携中枢都市圏の名称・構成自治体

1 連携中枢都市圏の名称

「西九州させぼ広域都市圏」

2 連携中枢都市圏の構成自治体(5市7町)

【長崎県】佐世保市、平戸市、松浦市、西海市、東彼杵町、川棚町、波佐見町、小値賀町、佐々町、新上五島町

【佐賀県】伊万里市、有田町

西九州させぼ広域都市圏ビジョン

5市7町により、「あなたが かえるまち 西九州」(~変える・還る・替える~)を目指す将来の姿とし、2040年(令和22年)の圏域人口40万人以上を目標に定め、その実現に向けた具体的な取組みを記載した「西九州させぼ広域都市圏ビジョン」を策定しています。
平成31年度からこの「西九州させぼ広域都市圏ビジョン」に基づき、圏域自治体の連携による取組みを開始しています。

計画期間

  • 2019年度(平成31年度)から2023年度(令和5年度)までの5年間です。

          

西九州させぼ広域都市圏ポータルサイト(佐世保市役所)

https://www.city.sasebo.lg.jp/kikaku/seisak/nishikyusyusasebokoiki_portal.html             

アドビリーダーのダウンロード PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderが必要です。
アドビシステムズ社サイト(このリンクは別ウィンドウで開きます)より無償でダウンロードできます。

お問い合わせ先

財務部 企画財政課 政策企画班

電話:0950-22-9111

FAX:0950-22-5178

(受付時間:午前8時30分~午後5時15分まで)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページは分かりやすかったですか?

このページの情報は役に立ちましたか?


トップへ戻る